むくみの解消には食事改善と運動が効く|マッサージも行おう

夫妻

体を温める食材

フット

冷え症に悩まされている女性はたくさんいます。特に冬場になると手や足先が冷えて辛いはずです。気温の変化で確かに体は冷えますが、冷え症は気温に関係なく体の一部が冷たくなる症状です。第一に、冷え症は血液の流れが上手くいかないことで起こります。健康な人なら血液は普通、体の隅々にまで行き渡り、体を温めてくれます。しかし、冷え症の人は血流が悪く、足先など末端にまで血が行き渡らなくなるのです。冷え症を引き起こす血行不良は、自律神経の乱れや食生活の乱れで起こります。食生活が乱れると、脂質や糖質の影響で血がドロドロになって、血液のめぐりが悪くなります。そのため、日頃の食生活は冷え症を改善する上でとても重要なのです。冷え症に効く食材はたくさんあります。豆類や乳製品、鶏肉、玉ねぎなどで、これらの食材は体を温める効果があるのです。反対に、体を冷やす食材は、バナナや蕎麦、トマトなどです。健康によい食品として有名ですが、人によっては冷え症を引き起こす原因になるのです。冷え症に効く食品を食べるときは、なるべくスープなどに調理して食べると良いでしょう。温かい食事は体内の温度をあげ、食材の効果をより引き出してくれるはずです。また、食欲がないときは、ココアを飲むのも良いです。コーヒーよりもココアの方が血行を促す働きをするので、意識して飲んでみましょう。食事以外でも、お風呂あがりにストレッチを行なって、血行を促して、血の巡りを良くする方法もあります。冷え症になると様々なリスクがあるので、日頃から体を冷やさないような生活を心掛けましょう。