むくみの解消には食事改善と運動が効く|マッサージも行おう

夫妻

腸内環境を整える働き

腹部

乳酸菌とは、糖を利用しながら乳酸を生成する菌のことで、上手く取り込むと健康に嬉しい効果を発揮します。乳酸菌は発酵食品に多く含まれているので、ヨーグルトやチーズ、ぬか漬けなどを食べるとよいでしょう。乳酸菌には、雑菌を除去する働きがあるため、食品の保存性や栄養価を高められるのです。この雑菌を除去する働きは人間の体内でも効果を発揮します。
実は、乳酸菌にはいくつか種類があり、人間の体内にもたくさんいます。主に腸内にいて、排便を促す役割を果たしています。しかし、腸内には雑菌も多くいて、乳酸菌よりも雑菌が増えると便秘などを引き起こします。改善するためには体内の乳酸菌の数を増やす必要があるのですが、その際よく食べられているのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌やカルシウムが多く含まれているので、便秘解消に有効なのです。ヨーグルトの効果を最大限引き出す食べ方は、果物などと一緒に食べることです。乳酸菌と食物繊維を同時に摂ることで、腸内の働きが活発になります。中には効果がありすぎてお腹を壊す人もいるので、無理のない範囲で摂取しましょう。乳製品が苦手な場合は、味噌や醤油などを食事に摂り入れるべきです。乳製品のイメージが強くて知られていませんが、日本に昔からある発酵食品にも乳酸菌は数多く含まれています。乳酸菌は、腸内で約一週間ほどしか生きられません。そのため、できるだけ毎日乳酸菌を体内に取り入れ、腸内環境を整えましょう。